HirakuToziru Computer

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft、12月18日にInternet Explorerの臨時パッチを緊急公開

Microsoftは、同社のWebブラウザ「Internet Explorer」の脆弱性に対応する緊急のセキュリティ更新プログラム(臨時パッチ)を18日に公開すると発表しました。
対象となる同社のOSは、Windows Vista/XP/2000およびWindows Server 2008/2003となります。


Internet Explorer

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/17/news025.html (ITmedia News)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/12/17/21893.html (INTERNET Watch)

提供される臨時パッチは、Internet Explorerに対して未知の脆弱性を悪用した攻撃(ゼロデイ攻撃)が発生していることに対応するために、月例の修正パッチとは別に緊急に提供するものとのことです。
今回のゼロデイ攻撃は、SQLインジェクションなどで攻撃コードを一般のサイトやポルノサイトに埋め込み、WebブラウザにInternet Explorerを使用しているユーザーが、攻撃コードが埋め込まれたページを閲覧するとトロイの木馬などをユーザーのPCに許可なくインストールさせるというものです。

Internet Explorerユーザーの方は、早急に更新するようにしましょう。


スポンサーサイト

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hirakutoziru.blog25.fc2.com/tb.php/49-160fb62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。