HirakuToziru Computer

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Internet Explorer 6と7に危険度「中」の脆弱性が発見される

セキュリティ組織であるアメリカのUS-CERTや、デンマークのセキュリティ企業Secuniaは6月26日、MicrosoftのInternet Explorer(IE)で2件の脆弱性が発見されたとして警告を発した。危険度はいずれも、5段階評価で真ん中の「Moderately critical」としている。

Internet Explorer


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/27/news054.html (ITmedia News)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080627/309680/ (ITpro ニュース)

細工が施されたWebページにアクセスすると、攻撃者にCookie(クッキー)情報などを盗まれる恐れがある。実際、悪用が可能であることを示すプログラム(実証コード)が公開されており、修正パッチ(セキュリティ更新プログラム)は現時点では未公開とのこと。
Secuniaは対処策として、信頼できないWebサイトにアクセスしないこと、そうしたサイトのリンクをクリックしないことを勧めています。

用心しましょう。


スポンサーサイト

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hirakutoziru.blog25.fc2.com/tb.php/24-d1242bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。