HirakuToziru Computer

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASUS「Eee PC S101H」 、2月7日に6万4800円で発売

ASUS社は、同社が展開している「Eee PC」シリーズのラインナップに新たに「Eee PC S101H」が加わることを発表しました。価格は6万4800円で、「Eee PC 1002HA」と同様に2月7日に発売予定です。

asus_s101h.jpg

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0902/04/news061.html (ITmedia News)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0204/asus.htm (PCWatch)
http://ascii.jp/elem/000/000/211/211291/ (ASCII.jp)
http://japanese.engadget.com/2009/02/04/eee-pc-s101h-2-7-160gb-hdd/ (Engadget 日本版)

「Eee PC S101H」は、ASUS社の展開する高級感あるデザインと薄型筐体が特徴のネットブック「Eee PC S101」の記憶装置をSSDから容量160GBのHDDに変更した製品です。その他の基本スペックは「Eee PC S101」と同様となります。

ただし、本体重量が約1.1kgと若干ながら重くなり、バッテリー使用時の駆動時間が最長で約4時間となっています。この2点はネットブックにとって重要なポイントですので、購入に際しては、その点を考慮する必要があると思われます。


スポンサーサイト

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

ASUS「Eee PC 1002HA」 、2月7日に5万2800円で発売

ASUS社は、同社が展開している「Eee PC」シリーズのラインナップに新たに「Eee PC 1002HA」が加わることを発表しました。価格は5万2800円で、2月7日に発売予定です。

asuseeepc1002hablue.jpg

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0902/04/news061.html (ITmedia News)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0204/asus.htm (PCWatch)
http://ascii.jp/elem/000/000/211/211287/ (ASCII.jp)
http://japanese.engadget.com/2009/02/04/eee-pc-1002ha-5-2800/ (Engadget 日本版)

「Eee PC 1002HA」は、ASUS社が日本国内で展開している従来の10インチ液晶モデルである「Eee PC 1000H-X」の基本スペックを引き継ぎつつ、筐体を薄くフラットなものに変更し、さらに本体重量を約1.25kgに軽量化した製品です。天板とパームレストはアルミ素材でヘアライン仕上げになっています。

ただし、バッテリー使用時の駆動時間が約4.1時間となっているので、長時間駆動を求める方は購入に際して注意が必要となります。

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

ASUS 「Eee PC 1000HE」を正式発表!

ASUS社は、同社が展開している「Eee PC」シリーズのラインナップに新たに「Eee PC 1000HE」が加わることを発表しました。

asus_eee_pc_1000he.jpg

http://japanese.engadget.com/2009/02/02/eee-pc-1000he-atom-n280-9-5/ (Engadget 日本版)

「Eee PC 1000HE」には、CPUにIntel社のAtom N280が採用され、Atom N270を採用している従来のネットブックに比べて、高性能化が行われています。記憶装置にはSSDではなく、容量160GBのHDDを採用しており、幅広いユーザーに対応しています。キーボードに関しては各キーが独立したものが採用されており、同社の従来の製品に比べて打ちやすいものになっている模様です。気になる重量は約1.45kgとなっています。
また、ネットブックにとって非常に重要なバッテリー使用時の駆動時間は、最大9.5時間となっており、上記の特徴も含めて、ASUS社は「歴代もっとも速く、長時間使えるEee PC」、「ネットブックの頂点」であると「Eee PC 1000HE」を形容しています。

各社から発売されているネットブックのスペックは現状では横並びという状況ですので、スペックの根幹をなすCPUにより高性能のAtom N280を採用した「Eee PC 1000HE」は、大きな注目を集めることになると思われます。


テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

ASUS 「Eee PC 900HA」、1月24日に4万4800円で発売

ASUS社は、記憶装置に160GBのHDDを採用したネットブック「EeePC 900HA」を1月24日に発売します。価格は4万4800円となる見込みです。

eeepc900ha_black.jpg

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/22/news016.html (ITmedia News)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0121/asus.htm (PCWatch)
http://japanese.engadget.com/2009/01/21/eee-pc-900-160gb-hdd/ (Engadget 日本版)

ASUS社が展開している「Eee PC」のラインナップの中で、8.9型液晶を搭載する900シリーズとしては初めて、記憶装置にSSDではなく、HDDを採用するのがこの「EeePC 900HA」です。
その他のスペックについては、CPUにIntel社のAtom N270を採用しているなど、「EeePC 901-X」とほぼ同等となっています。
ただし、バッテリー使用時の駆動時間については、約4.5時間(901-Xは約8時間)となっており、駆動時間を重視する場合には注意が必要となります。

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

SONY 「VAIO type P」を1月16日より順次発売

SONYは1月8日、VAIOの新シリーズとなる薄型軽量のミニノートPC「VAIO type P」を発表しました。
1月16日より順次発売する予定とのことです。実売価格はいずれも10万円前後と予想されています。


VAIO type P

スペックや構成のカスタマイズ等の情報については、以下の各サイトで詳細が紹介されています。

http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0901/08/news041_2.html (ITmedia)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0108/sony.htm (PCWatch)
http://japanese.engadget.com/2009/01/07/ces-2009-vaio-p/ (Engadget 日本版)

OSにWindows Vista Home Basic(SP1)を採用しているなど、従来のネットブックと呼称されている小型PCが横並びのスペックであるのに対して、独自色が強く、別のカテゴリーの製品として扱われているようです。
特に重量は約634g(最軽量構成で約588g)と際だって軽く、おおむね1000g前後のネットブックと比べて、最も魅力的かつインパクトの強い違いとなっています。
価格についても10万円前後になる見通しで、その点でもネットブックとの違いがよくわかります。


テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

Microsoft、12月18日にInternet Explorerの臨時パッチを緊急公開

Microsoftは、同社のWebブラウザ「Internet Explorer」の脆弱性に対応する緊急のセキュリティ更新プログラム(臨時パッチ)を18日に公開すると発表しました。
対象となる同社のOSは、Windows Vista/XP/2000およびWindows Server 2008/2003となります。


Internet Explorer

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/17/news025.html (ITmedia News)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/12/17/21893.html (INTERNET Watch)

提供される臨時パッチは、Internet Explorerに対して未知の脆弱性を悪用した攻撃(ゼロデイ攻撃)が発生していることに対応するために、月例の修正パッチとは別に緊急に提供するものとのことです。
今回のゼロデイ攻撃は、SQLインジェクションなどで攻撃コードを一般のサイトやポルノサイトに埋め込み、WebブラウザにInternet Explorerを使用しているユーザーが、攻撃コードが埋め込まれたページを閲覧するとトロイの木馬などをユーザーのPCに許可なくインストールさせるというものです。

Internet Explorerユーザーの方は、早急に更新するようにしましょう。


テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

Mozillaが「Firefox 3.0.5」と「Firefox 2.0.0.19」を公開

Mozillaは12月16日、Webブラウザ「Firefox 3.0.5」と「Firefox 2.0.0.19」を公開しました。
Windows版、Mac OS X版、Linux版が用意されており、MozillaのWebサイトから無償でダウンロードすることができます。


firefox.jpg

http://mozilla.jp/firefox/ (Mozilla Firefox)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/12/17/21899.html (INTERNET Watch)

脆弱性への対処および、セキュリティの向上のためにも、「Firefox」を使用されている方は早めに更新するようにしましょう。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

レノボ、ネットブック「IdeaPad S10e」を12月6日に発売!

レノボ・ジャパン株式会社は、同社初となるネットブック「IdeaPad S10e」を12月6日より発売します。価格は54,800円となります。

lenovo_.jpg

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1203/lenovo.htm (PCWatch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1203/lenovo2.htm (PCWatch)
http://japanese.engadget.com/2008/12/03/ideapad-s10e-expresscard-34/ (Engadget 日本版)

筐体の色はホワイトを採用しています。ブルーとピンクの筐体も用意されており、それらは2009年1月に発売されるそうです。
また、インターフェイスにネットブックとしては珍しくExpressCard/34スロットが装備され、拡張性が高められており、アスペクト比16:9の液晶を搭載しているのが特徴となっています。

基本的なスペックは他社のネットブックと同様ですが、メモリの最大搭載量が1.5GBとなっており、各社から発売されている平均的なネットブックの最大搭載量と比べて、512MB少ないので、購入を検討される方はその点に注意が必要となります。


テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

Firefoxの市場シェアが初めて20%を突破

Firefoxの市場シェアが、11月に初めて20%を突破しました。
Internet Explorerのシェアは69.77%で、市場全体の7割を切りました。


firefox.jpg

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/03/news053.html (ITmedia News)

調査会社Net Applicationsが発表した結果は、Internet Explorerが69.77%、Firefoxが20.78%、Safariが7.13%、Chromeが0.83%、Operaが0.71%となっています。

依然としてInternet Explorerが大きなシェアを占めていますが、今回のFirefoxのシェア20%越えがインターネットブラウザの今後の勢力争いに与える影響は非常に大きいと思われます。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

USBメモリなどの外部記憶メディアで感染を広げるウイルスの検出数が急増中

情報処理推進機構(IPA)は、USBメモリなどの外部記憶メディアで感染を広げるコンピュータウイルスに関する届け出が急増しているとして注意を呼びかけました。2008年11月中にIPAに届け出があったコンピュータウイルスの数はおよそ25万6000件。そのうちのおよそ10万1000件は上記のUSBメモリなどを媒介にして感染するタイプのコンピュータウイルスだったということです。

virus.jpg

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2008/12outline.html#5 (独立行政法人 情報処理推進機構)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081202/320583/ (ITpro ニュース)

USBメモリなどを媒介にして感染するコンピュータウイルスの危険性の特徴は、コンピュータウイルスが潜むUSBメモリなどをパソコンに接続するだけで感染する恐れがあるという点です。
上記のタイプのコンピュータウィルスは、コンピュータウイルス本体と一緒に、そのコンピュータウイルスを起動するような設定ファイルをUSBメモリなどにコピーし、OSであるWindowsの自動実行機能を悪用しようとするタイプが多いようです。

対策としては、自動実行機能を無効にしたり、OSやウィルス対策ソフトをこまめにアップデートして最新の状態に保つように心がけることや、身に覚えのない怪しいファイルが見つかったら安易に開いたりせずに消去することなどが挙げられています。

テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。